■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生き様づくり 生業づくり 生活づくり


生き様づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ドウダンツツジ 】

ドウダンツツジが、
赤みを増します。
台風に備えて・・・。
(2017年10月23日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



日銀は、「異次元の量的緩和」と言った


 ある個人投資家から教わった。

 「いま、いろいろな仮想通貨が生まれている」
 「いま、『仮想通貨の種類は600種以上ある』と言われる」
 「(本当に)仮想通貨は600種類以上あるのかな?」

 「(実は)もっと沢山ある」

 「(仮に)仮想通貨の定義を」
 「『中央銀行以外が発行している通貨』とする」

 「(すると)ビットコイン、ビッサム、リップルなど」
 「いま流行の電子マネーがある」
 「(さらに)ヨドバシポイント、楽天ポイントなど」
 「各店舗が発行するポイントもある」

 「(実は)株式も仮想通貨だ」
 「トヨタ株は、トヨタが発行する仮想通貨」
 「ホンダ株は、ホンダが発行する仮想通貨」
 「(こう考えると)仮想通貨は昔からいろいろあった」

 「(だが)最近の仮想通貨の急増には注意がいる」
 「新しい技術(ブロックチェーン)による影響もある」
 「(だが)もっと大きな時代の[波]かもしれない」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「日銀は、『これからは[異次元の量的緩和]』と言った」
 「(私は)[異次元の量]、すなわち[質]の緩和だ、と解釈した」
 「(これからは)[量]ではなく、[質]の座標軸で対応する」
 「(だから)『[量]の座標軸から離れろ』の警告、と解釈した」

 「お金の[質]の緩和とは、お金の[種類]を増やすことだ」
 「(つまり)仮想通貨を許容し、通貨の種類を増やすことだ」
 「(すると)法定通貨(円)の存在価値は薄れる」

 「(さて)次に、世の中はどう変化するかな?」
 「(さて)その変化に対して、人はどう対応するかな?」
 「あとは、自分の頭で考えろ!」



ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2017年]