■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 物置小屋 】

物置小屋への小道を、
再生中です。
枕木と砂利の小道へ。
(2017年11月06日)
原寸大の写真へ 
わが家の四季ヘ



会社が消えた日


 資産運用を始めた方から、「最初に読む本として良いモノありませんか?」とよく質問を受けます。自分の過去を振り返り、その切実さを実感します。そこで、毎月最初のコラムを『読書広場』とし、おすすめ本を紹介しています。


会社が消えた日
三洋電機10万人のそれから

本の詳しい説明へ
【出版社】 日経BP社
【著者名】 大西 康之
【出版日】 2014年05月
【価 格】 1,600円(税別)
【対象者】 中級者





 『三洋電機という船から放り出された約9万の人々も、
  どこかで働いている。
  会社は消えても、人生は終わらない。
  そこから始まる新しい人生があるのだ。

  彼らの[再生]は、かつての強さを取り戻す[復活]ではない。
  しかし、厳しい現実と折り合いをつけながら、
  彼らは[新しい人生]をつかみ取った。
  そのしなやかなさ、したたかさこそが、
  これからの日本に求められる一番大切な資質だと思う。』
                         ([はじめに]より)

 私たちは、日々変化しながら、生きている。
 ときに、現実の[大変]と折り合いをつけるため、
 自分を[大きく変える]こともある。

 「(会社が)大変だ!」
 「(でも)自分も大きく変われば、大丈夫!」
 「(一足先に)新しい時代へ、レッツラゴー(Let's goの訛り)」


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ



『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2017年]