■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■



〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

私の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本








『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ



【企画・運営】

自立と創造のパートナー

ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング





■■■ 私のコラム ■■■



【 チュ−リップ 】

チューリップの仲間が、
増えました。
春ですね。
(2019年02月25日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



これから、「お金」はどうなるのかな?


 これから、[お金]はどうなるのかな?

 物理頭のシステム屋が、自問自答を繰り返す。そんな中で、面白い本(3冊)に出逢った。

 『お金の流れで読む日本と世界の未来』(ジム・ロジャーズ)は、統計力学の視点から、[お金]の未来を語る。大きく膨らんだ[現代のお金]は、何処へ向かうのかと。

 『「通貨」の正体』(浜矩子)は、量子力学の視点から、[お金]の未来を語る。そもそも、[お金]はどうして誕生したのか? そうだとしたら、[現代のお金]はどうなるのかと。

 [お金]を観測する[尺度]は異なるが、共に「通貨[ユーロ]の限界」を予測する。[空間]で定義した[現代のお金]を、[時間]で推論した結果だ。

 『会計の世界史』(田中 靖治)は、[お金]を観測する[装置]に視点を置く。会計は、[資産]というモノサシで、[お金]を見える化した。[空間]での観測には成功するが、[時間]との折り合いがつかない。[資産]の大きさは、[時間]の定義で変わる。ゆえに、[お金]の大きさは、[時間]の定義で変わる。

 お金を[空間](所在や大きさ)で決めると、お金は[時間](流量や方向)で決められなくなる。お金の[位置]を決めると、お金の[運動量]が決まらない。お金の[運動量]を決めると、お金の[位置]が決まらない。

 さらに大きな変化が、会計に押し寄せる。現代の会計は、『お金を、[有形資産]に紐づけて、見える化』する。だが、経済は「モノからコトへ」と移っている。[お金]を映す鑑は、[有形資産]から[無形資産]へと移っている。

 いま私たちは、[現代のお金]から[未来のお金]への過度期を生きているのかもしれない。(そうだとすると)通貨[ユーロ]の限界は、[現代のお金]から[未来のお金]への過程の[偏微分]なのかもしれない。

ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2019年]