■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■


〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

校外学習

生涯学習

コ ラ ム


おすすめ本









『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ


【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング




2008年06月02日

アメリカの高校生が読んでいる
経済の教科書


本の詳しい説明へ 【出版社】 アスペクト
【著者名】 山岡 道男、淺野 忠克
【出版日】 2008年4月
【価 格】 1,200円(税別)
【対象者】 初心者 (・破・離)



 1990年、クレジット社会のアメリカでは個人債務が膨れ上がり、多くの消費者が自己破産寸前にあった。特に、若者の自己破産の急増が危惧されていた。

 この問題解決のため、高校で教えていた経済学の範囲をパーソナルファイナンス(消費者レベル)へ拡大した。

 教科書は、身近な「家計の経済学」を皮切りに、「企業(起業)の経済学」「金融(銀行)の経済学」「政府の経済学」「貿易の経済学」と展開する。

 いまの私たちの生活環境は1990年のアメリカに類似する点が多い。だが残念なことに、消費者の視点から経済が語られる機会は少ない。

 本書は、アメリカの高校生向けに開発された教科書をもとに、消費者が身につけるべき最低限の経済学を、体系立てて分かりやすく説明している。

ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2008年]