■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■


〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

ホ ー ム 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

校外学習

生涯学習

コ ラ ム


おすすめ本









『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ


【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング




2013年08月05日

今、話したい「学校」のこと
15歳からの複眼思考


本の詳しい説明へ 【出版社】 ポプラ社
【著者名】 藤原 和博
【出版日】 2013年03月
【価 格】 1,200 (税別)
【対象者】 初心者 (・破・離)



 いま、社会が大きく変わろうとしている。学校教育も変わる。成長社会から成熟社会へ、「生きる力の育成」を重視する。

 多様性に富む成熟社会では、「自分と異なる他者とどう折り合いをつけるか」が大切となる。自分の夢を伝え、助けてもらうため、思考力・判断力・表現力が欠かせない。

 知識・技能の習得だけでは、成熟社会を生きられない。成長社会時代の教育に洗脳されたわが家は、社会から置いていかれぬように、新しい学校教育を受け入れている。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2013年]