■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■



〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

私の抱負

私の校外学習

私の生涯学習

私のコラム


私のおすすめ本









『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ



【企画・運営】

自立と創造のパートナー

ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング





■■■ 私のおすすめ本 ■■■




エンデの警鐘
地域通貨の希望と銀行の未来


本の詳しい説明へ 【出版社】 NHK出版
【著者名】 坂本 龍一、河巴 厚徳、
       (エンデ
【出版日】 2002年04月
【価 格】 1,600円 (税別)
【対象者】 中級者 (守・
・離)



 私たちの暮らしの中で、『お金』は欠かせない。
 価値を交換し、豊かさを共創する道具だからだ。

 だが、歴史は語る。
 『お金』はその役割を忘れ、独り歩きを始める。
 やがて『お金』と『人』との主従関係が逆転する。

 豊かさを取り戻すため、『お金』との関係を取り戻す。
 私たちのコミュニティでは、私たちの『お金』を使う。
 各地で『地域通貨』が産声を上げている。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2014年]