■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習

私のコラム


私のおすすめ本








『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『おすすめ本』 生活経営編 ■■■




すべての経済はバブルに通じる

本の詳しい説明へ 【出版社】 光文社新書
【著者名】 小幡 績
【出版日】 2008年08月
【価 格】 760円(税別)
【対象者】 上級者 (守・破・




『 私は、先日、金融の試験問題を3つ作りました。それらは、

   @ お金はなぜ殖えるのだろう?
   A 経済はどうやって成長し続けるのだろう?
   B 資本主義とは何だろう?

  @は高校生用、Aは大学生用、Bは大学院生用の問題です。

  実は、@からBへの、私の用意した回答は3つとも同一で、 「ねずみ講」というものです。 』 ([まえがき]より)


 物理頭のシステム屋の思考では、いまの「経済理論」や「金融理論」を納得できない。現実に対峙しながら積み上げてきた現場感覚が、「おかしい!」と拒否反応を起こすからだ。

 「すべての経済は、ねずみ講」 これだと、納得する。

 「(やっぱり)そうか」
 「(そうだとすると)これから何が起きるのか?」
 「(そうだとしたら)どんな準備が要るのか?」

 早速、物理頭のシステム屋として、わが家の未来について仮説を立て、企画・実験を始めた。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2018年]