■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習

私のコラム


私のおすすめ本








『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『おすすめ本』 生活経営編 ■■■




養老孟子の〈逆さメガネ〉

本の詳しい説明へ 【出版社】 PHP新書
【著者名】 養老 孟子
【出版日】 2003年08月
【価 格】 680円(税別)
【対象者】 中級者 (守・
・離)



 『 偏見をもって見ることを、「色メガネをかけて見る」と表
  現することがあります。現代社会の人は「色メガネ」どころ
  か、「逆さメガネ」をかけてるんじゃないか。私はときどき
  そう思うのです。

   多数の意見だからとか、みんなと同じだからといって、そ
  れが当たり前だと思って見ているとしたら、そういう人たち
  は自分が逆さメガネをかけていることに気づかないのかもし
  れません。』 ([まえがき]より)


 成長の時代、「画一化」が豊かさの源泉だった。
 物不足の時代、量的満足の志向が、経済の原動力だった。

 成熟の時代、豊かさの源泉が「多様性」に代わった。
 物余りの時代、感性満足の志向が、経済の原動力となった。

 歴史は、[成長の時代]と[成熟の時代]を繰り返す。
 ときに、[成長]にブレながら。
 ときに、[成熟]にブレながら。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2018年]