■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■



〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習

私のコラム


私のおすすめ本









『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ



【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング





■■■ ピカイチ先生の 『おすすめ本』 生活経営編 ■■■




謎解き! 平成大不況
誰も語らなかった「危機」の本質


本の詳しい説明へ 【出版社】 PHP研究所
【著者名】 リチャード・A・ヴェルナー
【出版日】 2003年04月
【価 格】 1,400円(税別)
【対象者】 上級者 (守・破・




『 じつのところ、
  いま日本で主流となっているマクロ経済学理論では、
  現実に起きている経済現象を
  的確に説明することができないのです。

  たとえば、
  日本は90年代に入ってから長期不況にありますが、
  その間に行われた数々の経済政策がなぜ効かなかったのか。

  このことについて、実証をもって
  明確に説明しているマクロ経済学理論はありません。』
                          ([まえがき]より)


 理論には、必ず[前提]がある。
 前提を誤ると、理論は現実を正しく語らない。

 ところで、
 いま主流となっているマクロ経済学理論の前提とは?

 古典派、ケインズ学派、マネタリスト、フィスカリスト
 いずれの理論にも共通する前提がある。
 実は、この前提が誤っているのだから・・・・。

 主流の外にも、経済学はある。
 その経済学によると、[危機]の本質は・・・・。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2019年]