■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■



〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 研 究 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ガーデニング 】

庭の除染が、
昨年末に完了。
ガーデニング再開だ。
(2016年01月04日)
 原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



ドイツリスク


 資産運用を始めた方から、「最初に読む本として良いモノありませんか?」とよく質問を受けます。自分の過去を振り返り、その切実さを実感します。そこで、毎月最初のコラムを『読書広場』とし、おすすめ本を紹介しています。


ドイツリスク
「夢見る政治」が引き起こす混乱


【出版社】 光文社新書
【著者名】 三好 範英
【出版日】 2015年09月
【価 格】 840円(税別)
【対象者】 中級者

【分 野】 生活




 『ヨーロッパを牽引する存在となったドイツが、
 その「夢見る」性格によって、
 再び世界的な波乱を引き起こすことがあるのだろうか。
 いや、すでにその芽は現れているのかもしれない。
 』(本文より)

 ドイツ人は「夢見る人」である。
 アングロサクソンと比較して、日本人もドイツ人に似る。

 「夢見る人」という言葉とともに、
 「過ぎたるは及ばざるがごとし」と、日本人へ警鐘を鳴らす。



ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ



 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]