■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 スイセン 】

大雪で背伸びも一休み。
脇から仲間が、
次々に顔を出します。
(2016年01月18日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



シリア難民と原発避難生活


 正月に、息子(大4年)が帰省した。テレビから繰り返し流れるシリア難民の姿を見ながら、息子に話しかけた。

 「オレは、この人たちを『かわいそう』と思わない」
 「(だが)『大変だな』と思う」

 間髪入れずに、息子が相槌を打つ。
 「(オレも)同感!」

 原発事故により、わが家は避難生活を[経験]した。原発の爆発映像に死も覚悟した。身一つで、行先の当てのない避難生活は、[大変]だった。

 昨日までの日常を絶たれた私たちとって、昨日の延長で活きる日常は幻であった。私たちは、異国にタイムスリップした異邦人であった。言葉が通じない。同じ日本人なのに・・・・

 この機会に、私の想いを息子に伝えた。

 「オレたちは、避難生活で厳しい現実を[経験]した」
 「ある日突然、[大きく][変わる]という現実を[経験]した」
 「活き続けるために、オレたちも[大きく][変わった]」
 「あの[経験]を振り返る度に、[大変]だったと思い返す」

 「お前は、シリア難民の映像を[大変]と解釈した」
 「その解釈の前提には、お前の避難生活の[経験]がある」
 「あの[経験]があるから、」
 「(お前は)シリア難民を[自分事]として解釈した」

 「(一方)避難生活の[経験]がない人の多くは、」
 「[かわいそう]と解釈する」
 「(残念ながら)[他人事]の解釈にとどまる」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「オレたちは、避難生活で、とても悔しい思いをした」
 「(だが)あの[経験]から、多くのことを学んだ」
 「多くの人に、支えられながらね」

 「いま、世界は[大変]な時代だ」
 「これから、身近の多くの人も[大変]に直面するだろう」
 「そのときには、オレたちの[学び]を活かさねばならない」

 「人は皆、それぞれに、できることが違う」
 「『お互い様』だよ」


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]