■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生き様づくり 生業づくり 生活づくり


生き様づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ラベンダー 】

ラベンダーが満開です。
近寄ると、
ほのかに香ります。
(2016年06月13日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



常磐線(原ノ町〜小高間)の試運転始まる


 わが家のそばに、常磐線の踏切がある。車両進入禁止である。夕方、愛犬を連れた散歩人が渡る。ときどき、馬も渡る。

 踏切で、自転車の集団とよく出会う。小高工業高校生たちだ。彼ら・彼女らは、踏切脇の日通倉庫の仮校舎で、いまも実習している。

 原発事故のため、常磐線はいまも不通である。震災後ずっと、踏切は「閉まらずの踏切」である。

 その踏切が、突然に鳴り始めた。

 「踏切が鳴っている!」

 家から飛び出し、庭仕事をしていた妻に声を掛けた。とっさに、妻が踏切へ向かい走り出した。私も、すぐ後を追った。

 来月、原ノ町〜小高間の運転が再開する。再開に向けて、列車の試運転が始まった。

 警笛を鳴らしながら、試運転列車が通り過ぎる。朝ドラのワンシーンを思い出す。三陸鉄道の試運転列車が、思い切り警笛を鳴らしながら走る姿だ。テレビに向かい、「羨ましいね」と洩らした姿だ。

 「確かに、踏切が鳴っていたよな」
 「確かに、列車が通ったよな」

 「(うん)確かに・・・・」

 踏切が鳴り、列車が通った。
 ただそれだけのことであった。

 踏切が鳴り、列車が通る。
 ただそれだけのことである。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]