■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生き様づくり 生業づくり 生活づくり


生き様づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ナシ 】

ナシの実が膨らみました。
仲間が多く、
混雑が気になります。
(2016年07月11日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



僕たちは、「お好み」焼きを買った


 小学生のときの話である。

 地元の神社の縁日で、模擬店が立った。僕たちは、模擬店めぐりをするのが楽しみであった。駄菓子屋もんじゃ仲間のお気に入りは、お好み焼き屋だ。

 店の前には、メニューが貼ってあった。エビ・イカ・ソーセージの3種類だ。干したサクラエビ、乾燥した裂きイカ、薄切りの魚肉ソーセージだ。

 僕たちは、[お好み]の具材を注文した。[お好み]は人それぞれである。

 「オレは、イカ」
 「オレは、エビ」
 「(うーん)オレもエビ」

 注文が終わると、店主が生地を鉄板に敷く。煎餅大の薄手の生地はすぐに焼ける。大急ぎで、具材を載せる。エビは3片、イカは一つまみ、ソーセージは一切れだ。仕上げに、ソースを塗り、青のりをかける。

 「はい、出来上がり」
 「イカは誰だ?」
 「エビは誰だ?」

 威勢のいい店主の声に、僕たちは「オレ」「オレ」「オレ」と順番に声をあげ、それぞれの[お好み]焼きを受け取った。

 僕たちは、当たり前に、自分の[お好み]を選択した。
 僕たちは、当たり前に、他人の[お好み]を尊重した。
 僕たちは、当たり前に、人それぞれであった。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]