■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生き様づくり 生業づくり 生活づくり


生き様づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 アサガオ 】

アサガオが咲きました。
様子を伺い、
下から見上げます。
(2016年08月08日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



この学校には、「自由」があります


 高校時代の話である。

 高校入学時に、学校生活について説明を受けた。校長先生が学校の立場で『一言』、学年主任が教員の立場で『一言』。最後に、生徒会長が生徒の立場で

 「この学校には、『自由』があります」
 「私たちの先輩が、築いたものです」
 「学校・教員・生徒が、『信頼』し合い、守っています」
 「新入生の皆さんへ、ひとつお願いがあります」
 「この『伝統』を、後輩へ引き継いでください」

 当時の都立高校には珍しく、通学時の服装は自由であった。私も私服で通う日が多かった。だが、ときどき無性に制服を着たくなる。詰襟に校章バッジを着け、自転車20分の道のりを登校した。

 校則では、どこまでが○で、どこからが×といった、細かな規則はない。その都度、僕たちは自分で考え、自分で決めた。

 一人で決められないときは、クラスで議論した。

 「オレは、○○で学校へ来たい」
 「(でも)学校の立場としては、それは□□では?」
 「(更に)教員の立場としては、それは△△では?」

 議論を通して、僕たちは『不満足』を共有した。仲間で不満足を分け合い、他との不満足に折り合いをつけた。

 こうして、僕たちは
 「(他に)仕方がないな」と、自分を説得し、
 「(お互い様だから)まあいいか」と、自分を納得させた。

 僕たちは、当たり前に、[権利]について議論した。
 僕たちは、当たり前に、[義務]について議論した。
 僕たちは、当たり前に、[自由]の中で苦悩した。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]