■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 キンカン 】

キンカンが満開です。
蜂さん、
「こんにちわ」
(2016年08月15日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



僕たちは、「伝統」の中で学んだ


 高校時代の話である。

 高校では、体育祭と文化祭とが毎年交互に行われた。私は、2学年のときに体育祭を、1学年と3学年のときに文化祭を体験した。

 体育祭は、『族』で競われた。各学年はA組からH組までの8クラス。これを縦割りにし、1年C組、2年C組、元2年C組が『C族』となる。A族からH族までの、8族で競い合った。

 体育祭の目玉のひとつに、8枚のベニヤ板を組み合わせた巨大な立看板づくりがあった。縦横3.6mの巨大キャンパスに、『族』のシンボルを描き、来賓者に採点してもらう。

 ルールは単純、「図柄の題目が各族の頭文字で始まる」こと。C族の題目は「コロンボ刑事」、F族の題目は「藤娘」であった。

 放課後の立看板づくりは、2学年が中心で行う。題目を決め、図柄を起こし、部材を調達し、作業を分担し、進捗を管理した。他族への情報漏えい対策や、他族への諜報活動も行った。

 体育祭が初めての僕たち(2学年)は、3学年に指導を受けながら、1学年に指示を出す。3学年は、1学年のときに指示された作業と、指示を出す先輩の姿を思い出し真似ながら、僕たちを指導する。

 指導する3学年も、指示する2学年も、指示される1学年も、皆が初めての体験である。僕たちは、『族』の伝統を道しるべに、初めての道を前へ前へと進んだ。

 立看板づくりは、3ヶ月以上も続いた。その体験から、僕たちはそれぞれに学んだ。

 僕たちは、当たり前に、先輩の[背中]を追った。
 僕たちは、当たり前に、後輩へ[背中]を残した。
 僕たちは、当たり前に、[伝統]の中で学んだ。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]