■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

ネクストライフは、『自分づくり』 『生業づくり』 『地域づくり』 を通して、豊かな人間社会を創造します。

トップページ ピカイチ先生 自分づくり 生業づくり 地域づくり


自分づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ヒマワリ 】

ヒマワリが咲きました。
これから、
仲間が続きます。
(2016年08月22日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



僕たちは、「不平等」の中で真剣だった


 高校時代の話である。

 高校では、クラス対抗の球技大会が行われた。1学期はバレーボール、2学期はハンドボール、3学期はサッカーであった。競技種目は生徒会で決める。「利用できる学校施設は校庭のみ」が制約条件だ。僕たちは、3年間種目を変えなかった。

 大会のルールは単純、「チームはクラス員で構成する」こと。

 バレーボールの試合には、バレーボール部員も出場できる。運動部員と非運動部員では、技能に雲泥の差がある。だが、区別しない。

 学年の区別もない。成長盛りの高校生、一年の体力差は大きい。毎年、成績上位は3学年が占めた。

 男女の区別もない。技能の男女差は大きく、多くのチームが全員男子で構成された。進路でクラス分けされる3学年では、理系の2クラスが男子クラスだ。選手層の厚い2クラスが、毎年優勝候補となった。

 ときどき女子バレーボール部員が出場した。9人制バレーボールの真ん中で一人、彼女は縦横無尽に動きながらボールを拾い続けた。女子バレーボール部員3人が後衛を守るチームでは、連携してボールをつなぎ続けた。

 僕たちは、クラス全員で格上の上位学年へ挑んだ。自然の偶然(風や太陽光)を利用した天井サーブ、相手の集中力を削ぐ応援など、皆が自分の立場で可能性を探り、それぞれの技術を高めた。一方、格下の下位学年に対しては、真正面から実力で阻止した。

 僕たちは、当たり前に、[弱者]の立場で工夫した。
 僕たちは、当たり前に、[強者]の立場で阻止した。
 僕たちは、当たり前に、[不平等]の中で真剣だった。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]