■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

ネクストライフは、『自分づくり』 『生業づくり』 『地域づくり』 を通して、豊かな人間社会を創造します。

トップページ ピカイチ先生 自分づくり 生業づくり 地域づくり


自分づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 郵便ポスト 】

郵便ポストが、
サンタに変身。
クリスマスの季節です。
(2016年11月28日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



わが家の「バカの壁」を超えて


 テレビニュースを見ながら、わが家のツッコミが始まる。

 アナンサーが記事を読み上げる。
 「東日本大震災では多くの人が亡くなった」
 「その人たちの分も・・・・」

 「犠牲になった仲間を『数字』にするな!」
 「オレたち(当事者)にとっては」
 「同級生の○○くんの分、同僚の○○さんの分だ!」

 次のニュースに移る。
 「○○で交通事故があり・・・・」
 「亡くなった○○さんは、・・・・」

 「犠牲になった個人の話は要らない!」
 「オレたち(非当事者)にとっては」
 「客観的に(統計数字で)知りたいだけだ!」

 わが家の思いは、とても我儘だ。身内の話題については、内向きを大切にする。当事者の立場で主観的になる。身内の外の話題については、外向きを大切にする。他人の立場で客観的になる。わが家には、無意識の境界線『バカの壁』がある。

 ときに、テレビニュースを見ながら「(何か)変だ!」と体が何かと共鳴する。あるときは『不快感』が、あるときは『憤り』が全身を走る。

 やがて、こんな言葉が脳裏を駆け巡る。
 「すごい」
 「やばい」
 「超やばい」

 わが家にとって、これらの言葉は「自分の頭で考えろ」の号令だ。『バカの壁』を超える何かが、わが家に迫っている。現実の何かが大きく変わった(大変)という警鐘である。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]