■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

ネクストライフは、『自分づくり』 『生業づくり』 『地域づくり』 を通して、豊かな人間社会を創造します。

トップページ ピカイチ先生 自分づくり 生業づくり 地域づくり


自分づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 スイセン 】

スイセンの背が伸びました。
仲間が増え、
背比べが始まりました。
(2017年01月30日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



原発避難時の「財産」と「資産」


 原発避難から教わった。

 避難では、どこで何が起こるか分からない。一人ひとりにリュックを背負わせた。「自分の命は、自分で守れ!」 背負って走れる範囲で、必要なモノをリュックに詰め込めさせた。

 貯金箱の中身は、全部を詰め込めさせた。「いざという時の蓄えだから、いま使え」と、息子と娘に言い聞かせた。わが家の生活防衛資金も、妻と私とで分け、各自のリュックに詰め込んだ。

 リュックへの詰め込みが終り、家族全員が居間に戻った。娘、息子、妻の顔をゆっくり見回した。そして、黙って1回肯き(自分に言い聞かせてから)、切り出した。

 「ここ(わが家)には、もう戻れないかもしれない」
 「自分の宝物を、ひとつだけ、リュックに入れなさい」

 息子(高2)は、お気に入りのカードゲームを選んだ。自作のデッキの中から、一組をリュックに詰め込んだ。

 娘(中2)は、バレーボール仲間との集合写真を選んだ。部屋に飾られたモノの中から、一枚をリュックに詰め込んだ。

 『持ち運べないモノは、[財産]でない』

 ユダヤ人の知恵が、脳裏をかすめる。避難を前に、リュックに詰め込めない[資産]はお荷物と化した。

 息子の[財産]は、一組のデッキであった。
 避難時、一組のデッキが、彼の全財産となった。

 娘の[財産]は、一枚の写真であった。
 避難時、一枚の写真が、彼女の全財産となった。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2017年]