■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

ネクストライフは、『自分づくり』 『生業づくり』 『地域づくり』 を通して、豊かな人間社会を創造します。

トップページ ピカイチ先生 自分づくり 生業づくり 地域づくり


自分づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ひな祭り 】

もうすぐ、
ひな祭りです。
私たちの出番です。
(2017年02月27日)
原寸大の表示へ
わが家の四季ヘ



原発避難時の資産と財産、「個人事業」


 原発避難から教わった。

 避難では、どこで何が起こるか分からない。一人ひとりにリュックを背負わせた。「自分の命は、自分で守れ!」 背負って走れる範囲で、必要なモノをリュックに詰め込めさせた。

 「ここ(わが家)には、もう戻れないかもしれない」
 「自分の宝物を、ひとつだけ、リュックに入れなさい」

 息子(高2)は、お気に入りのカードゲームを選んだ。自作のデッキの中から、一組をリュックに詰め込んだ。

 娘(中2)は、バレーボール仲間との集合写真を選んだ。部屋に飾られたモノの中から、一枚をリュックに詰め込んだ。

 私は、外付けのHDDを選んだ。バックアップ用HDDの中から、最新のモノをリュックに詰め込んだ。

 わが家の事業では、多くをパソコンで管理している。個客情報、会計簿、商品(デジタルコンテンツ)等々。パソコン上のデータが、私の宝物である。

 パソコン上のデータは、月に1回、外付けのHDDへバックアップしている。パソコンが故障(当たり前にあること)した場合に、新しいパソコンで業務を継続するためだ。実際に、何度も体験したことである。

 『持ち運べないモノは、[財産]ではない』

 避難時、パソコン本体はリュックへ詰め込めない。(だが)パソコンは、避難先で再調達できる。(だが)わが家のデータは、避難先で再調達できない。

 事業を継続するには、わが家のデータが欠かせない。このデータさえあれば、避難先で事業は再開できる。私は、自分の宝物を選ぶのに迷いはなかった。

 私の[財産]は、一個のHDDであった。
 避難時、一個のHDDが、私の全財産となった。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2017年]