■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 スイセン 】

スイセンの仲間が増えました。
背比べの激戦も、
厳しさを増します。
(2017年02月20日)
原寸大の表示へ
わが家の四季ヘ



原発避難時の資産と財産、「医・職・学」


 原発避難から教わった。

 避難生活を始めてから2週間が過ぎた。東京の実家に、家族4人で身を寄せている。「これからどうするか?」「これからどうなるのか?」 何もわからないまま、毎日、家族の居場所を探していた。

 「避難先で、[通院先]を見つけてください」

 通院していた病院が、閉鎖した。持病の薬が底をつき、避難先で最寄りの内科医を訪ねた。処方箋の控えを持参していため、事なきを得た。通院先という既得権は、昔の思い出と化した。

 「避難先で、[勤務先]を見つけてください」

 多くの会社が、一時休業した。再開の目途はない。わが家の自営業も、一時休業している。多くの人が、勤務先を失った。勤務先という既得権は、昔の思い出と化した。

 「避難先で、[通学先]を見つけてください」

 新学期が始まった。息子(高3)と娘(中3)が通う学校が、閉鎖した。子どもの学校探しが急務となった。通学先という既得権は、昔の思い出と化した。

 永久的な[システム]はない。時代に合わせて、システムは変化する。ときに大きく変化して、利用者を慌てさせる。

 [制度]も、システムのひとつだ。(だから)制度を前提とした権利や契約は、ときに大きく変化する。無効化することもある。

 『持ち運べないモノは、[財産]ではない』

 避難時、『医』の資産[通院先]は、財産ではなかった。
 避難時、『職』の資産[勤務先]は、財産ではなかった。
 避難時、『学』の資産[通学先]は、財産ではなかった。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2017年]