■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ミツバチ 】

ミツバチに、
ひまわりがご挨拶。
「遅れて御免」
(2017年09月11日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



大震災で、「お金」について何を学んだかな?


 ある社長さんから教わった。

 「東日本大震災で、[お金]について何を学んだかな?」

 スーパーでの出来事を思い出す。食糧買出しのため、徒歩で出かけた。震災の翌々日のことである。

 野外の駐車場の一角に、テーブルが並ぶ。その上に、商品が並ぶ。建物内は立入禁止。商品は食糧品のみ。品切れになる度に、店員が建物内へ商品を取りに行く。

 レジ機は使えない。会計はすべて手計算。商品を陳列する前に、店員が商品に値札を貼る。値段に端数はない。

 「支払は現金のみです!」 店員が大声でアナウンスする。

 人間は、電子データを読めない。(だから)『非常時には、電子化された[通貨]は使えない!』 当たり前のことである。

 「つり銭が足りません!」 店員が大声でアナウンスする。

 オニギリを買うのに、1万円札で「おつりは要りません」とは言えない。おつりをなくすため、商品を買い占めることもできない。(だから)『非常時には、高額の[紙幣]は使えない!』 当たり前のことである。

 (結果として)『非常時には、硬貨の[お金]が必要となる!』 私たちは、当たり前のことを、当たり前に学んだ。

 (ある社長さんが話を続ける。)

 「万一への備えとして、五百円硬貨の備蓄が役立つ」
 「非常時の[水]や[ガソリン]と同様にね」
 「五百円硬貨の備蓄を続けているかな?」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「万一への備えでは、」
 「[対策]よりも[歯止め]が大切だ」
 「何事も、[始める]より[続ける]のが難しいからね」

 「[続ける]には、暮らしの中に[仕掛け]が要る」
 「[対策]を暮らしの[当たり前]にする、工夫が要る」

 「[対策]は考えるもので、実行するものではない」
 「[対策]を考え、[歯止め]を実行しろ」
 「『仏造って魂入れろ』だ」


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2017年]