■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 サフラン 】

サフランが咲きました。
台風一過の、
笑顔です。
(2017年09月18日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



私情原理で、「お金の価値」が無くなる


 ある社長さんから教わった。

 「○○地区の○○クリニックでは、」
 「医療スタッフが減り、これまでの診療を続けられなくなった」
 「不本意だが、診療する患者数を減らすことにした」

 「(院長は)苦肉の策として、患者を区別することにした」
 「[顔の見える客]と[顔の見えない客]とに区別し、」
 「診療の受入れ体制を違えることにした」
 「[顔の見える客]を守るための苦肉の策だ」

 「[顔の見える客]には、いままで通りの定期診療を続ける」
 「ここでは、市場原理による価格上昇はない」
 「(一方)[顔の見えない客]には、定期診療の機会を減らす」
 「ここでは、『多く払うから』の市場原理は通用しない」

 「(ところで)いま世界中で、[お金]が増えている」
 「『お金を増やすと物価が上がる』と、マスコミが連呼する」
 「本当は、『お金を増やすと[お金の価値]が下がる』なのにね」

 「[お金]を増やすが、物価が期待通りに上がらない」
 「『自論が正で、現実が誤り』と、非科学的な意見を続ける」
 「実は、一部の現場で『[お金の価値]が無くなっている』のにね」

 「[お金]を増やすと、市場原理で、[お金の価値]が下がる」
 「さらに増やすと、私情原理で、[お金の価値]が無くなる」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「[お金]が増え過ぎた現在、金融資産に確信を持てない」
 「では、どんな資産を持てばいいのかな?」

 「このアドレス帳は、オレの帳簿(貸借対照表)だ」
 「この帳簿の中に、オレの資産が記録されている」

 「○○を始めた、○○さん」
 「△△を始めた、△△さん」
 「□□を始めた、□□さん」

 「彼ら彼女らは、オレの生業にとって[顔の見える客]だ」
 「(同時に)」
 「オレは、彼ら彼女らの生業にとって[顔の見える客]だ」
 「オレの帳簿の中に、確かに、そう記録してある」


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2017年]