■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 クロッカス 】

クロッカスの仲間が、
増えました。
私は白色です。
(2018年03月12日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



財産とは、何かな?


 ある社長さんから教わった。

 「(お前にとって)財産とは何かな?」

 「(私にとって)財産とは、」
 「『いざというときに持って逃げれるモノ』だ」

 「原発避難では、マイホームを置いて逃げた」
 「(だから)マイホームは財産ではない、と気づいた」
 「ガス欠のため、車も置いて逃げた」
 「(だから)車も財産ではない、と気づいた」
 「地域密着のビジネスも、地元のお客も・・・・」

 「(私の)貸借対照表には、いろいろな資産が計上されていた」
 「(だが)資産の多くが、持って逃げれなかった」
 「(そこで)有形資産の多くは財産ではない、と気づいた」

 「(一方)財産の多くは無形資産だと、気づいた」
 「(例えば)そのひとつが、[時間感覚]だ」

 「現実と対峙しながら積み重ねた[時間感覚]は、」
 「避難先でもいろいろと役立った」
 「試行錯誤しながら積み重ねた[現場の実績]は、」
 「日々変わることを前提にしていたからね」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「(ところで)」
 「[時間感覚]を形成するには、どうしたらいいかな?」

 「最初の一歩は、[会議室]から[現場]へ戻ることだ」
 「時間泥棒(お金)に支配された[机上の理論]を止め、」
 「排除していた[時間]を取り戻すことだ」

 「(そして)現場に流れる[時間]の中で、」
 「[組織の体重]を感じて、[静的安定の限界]を知ること」
 「[変化の速度]を感じて、[動的安定の存在]を知ること」



ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2018年]