■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 スイセン 】

積雪の朝から1日。
私が、
雪を溶かします。
(2019年02月11日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



「理論」には、賞味期限がある


 ある個人投資家から教わった。

 「『株・債券・原油・・・資産軒並み下落』」
 「先日(12/29)の日経新聞の記事だ」
 「『株だけではない。通常、株式と逆に動く債券もおおむね下落』とのこと」

 「『株式と債券は逆に動く』、私たちが教わった[金融理論]だ」
 「この[理論]を信じて、私たちは、」
 「株式を売るとき、債券を買い、手持ち資産を切替えてきた」
 「だが、この[理論]では、現実を上手く表現できなくなった」

 「[理論]には、必ず、[前提]がある」
 「[前提]は、社会の流れの中で、いつか崩れる」
 「『株式と債券は逆に動く』という[理論]も例外ではない」

 「(では)この[理論]の[前提]は、何かな?」
 「(つまり)崩れた[前提]とは、何かな?」

 「これまで、この[理論]は、現実を上手く表現していた」
 「これまで、[株式市場]や[債券市場]に比べて、」
 「[お金]の量が、十分に、小さかったからね」

 「これまで、限りある[お金]は、投資先として、」
 「[株式市場]か[債券市場]の一方を選択していた」
 「[株式市場]が下落するときには、」
 「避難先の[債券市場]が、十分に、[お金]を受け入れた」

 「(だが)いまは、[株式市場]や[債券市場]に比べて、」
 「[お金]の量が、十分に、大きくなった」
 「いまは、[お金]は、投資先として、」
 「[株式市場]と[債券市場]の両方を飲み込んだ」

 「[お金]が膨張すると、[株式市場]も[債券市場]も膨張する」
 「[お金]が縮小すると、[株式市場]も[債券市場]も縮小する」
 「これが、いま起きている現象だ」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「[理論]には、必ず、賞味期限がある」
 「賞味期限は、[理論]の[前提]で表現される」
 「その期日は、[前提]の崩壊で表現される」


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2019年]