■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 クロッカス 】

クロッカスが、
満開です。
雨風が強いね。
(2019年03月11日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



伝えられなくなる現実


 ある震災体験者から教わった。

 「首都直下型地震への備えを、テレビで紹介していた」

 「首都圏で震災が発生したとき、帰宅困難者が多数出る」
 「帰宅するときには、〇〇に注意して、□□するのがいい」
 「CGを駆使した鮮明な映像で紹介する」

 「(だが)自分は、この内容に現実味を感じない」

 「震災時には、あちらこちらで、建物が崩壊するだろう」
 「その現場では、」
 「あちらこちらから、『助けて』という声が聞こえるだろう」
 「救急車もレスキュー隊も、期待できないだろう」
 「たまたま無傷の自分は、現場を立ち去れるだろうか?」

 「犠牲者も多数出るだろう」
 「警察や自衛隊だけでは、手に負えないだろう」
 「自分は、彼ら彼女らを、放置できるのだろうか?」
 「(事実)東日本大震災ときには、」
 「多くの仲間が、津波の犠牲者を安置所にお連れした」

 「東京震災記念堂には、関東大震災の絵がある」
 「当時、現場で起きた現実を、考え、知ることができる」
 「到底、写真や動画では公開できない悲惨な情景だ」

 「(残念ながら)映像が鮮明になるほど、」
 「伝えられなくなる現実が増えるようだ」
 「テレビは、映像を鮮明にするほど、現実を遠ざける」
 「私たちは、映像が鮮明になるほど、現実を考えなくなる」



ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2019年]