■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■



〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

私の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本








『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ



【企画・運営】

自立と創造のパートナー

ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング





■■■ 私のコラム ■■■



【 クリスマスツリー 】

皆一緒に、
サンタをお出迎え。
メリークリスマス。
(2019年12月16日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



所得税は、どのように生まれたのかな?


 ある社長さんから教わった。

 「所得税は、どのように生まれたのかな?」

 「税金を取る側としては、」
 「国民に納得してもらう必要がある」
 「(そのため)説得する材料として、」
 「税にあれこれ名前をつける。国民福祉税とかね」

 「(だが)税金を取られる側から見れば、」
 「税金は、所得課税、消費課税、資産課税の3種類しかない」

 「世界で最初に所得税を導入した国はイギリスだ」
 「それまでは、資産税と消費税の2つで国は賄っていた」

 「所得に課税すると、国民の労働意欲を阻害する」
 「消費活動や資産形成活動を弱め、経済活動全体を弱める」
 「(このため)『所得税はタブー』と考えられていた」

 「ナポレオン戦争が起きると、巨額の戦費が必要となった」
 「(このため)1799年、ピット首相は所得に対して10%課税した」
 「(いわば)タブーに手を染めた」

 「以来、イギリスでは戦争が始まると所得税が始まり、」
 「戦争が終わると所得税は廃止させられた」

 「政府は、財政需要の増大を理由に、」
 「戦争が終わっても所得税の継続を主張したが、」
 「国民は許さなかったからだ」

 「(しかし)第二次世界大戦は違っていた」
 「戦争が終わった後も、イギリスでは冷戦の緊張が続いた」
 「(このため)所得税廃止のチャンスを失った」

 「ここからだ大事なことだ(だからよく聞け)」

 「日本では、明治20年に所得税が導入された」
 「源泉徴収制度は、昭和15年に発令された」
 「ナチス・ヒトラーの戦費調達法にならってね」

ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2019年]