■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■


〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

ホ ー ム 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

本年の抱負

校外学習

生涯学習


コ ラ ム


おすすめ本








『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ


【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング




【 カスミソウ 】

カスミソウが、
モミジの足元で、
満開です。
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ
2020年06月29日

コロナ危機、なぜ対応が揺れるのかな?


 ある社長さんから教わった。

 「いま私たちは、コロナ危機に直面している」
 「感染防止と経済回復との間で、対応が揺れている」
 「(ところで)なぜ、対応が揺れるのかな?」

 「危機に直面したときの行動は、四類型に分かれる」
 「 1型は、なすべきことを正しく実行する」
 「 2型は、なすべきことを不完全にしか実行しない」
 「 3型は、してはならないことを実行する」
 「 4型は、してはならないことを実行しない」

 「 2型と 3型の人は、危機管理として、問題がある」
 「危機のときは、[致命傷の回避]が第一だからね」
 「( 2型では)混乱が致命傷となるし、」
 「( 3型では)ひとつの失敗が致命傷になる」

 「(一方)資本主義の下では、 2型と3型の人が優位だ」
 「平時のときは、[効率化の競争]が第一だからね」
 「( 2型では) 2割の労力で 8割の結果を得れるし、」
 「( 3型では) 成功の陰で失敗は消せるからね」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「私たちは、資本主義社会のなかで生きている」
 「このため、平時には、[効率化]が求められる」
 「そうしなければ、[競争]に敗れ、生き残れないからね」

 「(一方)資本主義社会は、自然のなかで営まれている」
 「(このため)私たちは、ときに危機に直面する」
 「自然界では、想定外(危機)が当たり前だからね」

 「危機と平時とでは、生き残りのルールが反転する」
 「平時にやるべきことは、危機ではやってはいけないコトだ」
 「(このため)資本主義社会のなかで私たちは、」
 「アクセルとブレーキを、交互に踏むことになる」



ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ     一覧へ
[2020年]