■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生き様づくり 生業づくり 生活づくり


生き様づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演

コラム


おすすめ本






『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ



■■■ ピカイチ先生の 『おすすめ本』 生活経営編 ■■■




質問する力


本の詳しい説明へ 【出版社】 文春文庫
【著者名】 大前 研一
【出版日】 2005年3月
【価 格】 500円(税込)
【対象者】 中級者 (守・・離)



 私たちの悪い癖として、感情論に走り、現実を歪んだレンズで観てしまう。マスコミをはじめ多くの人から感情論で語られると、ついつい自分も感情論に陥り、現実を見失う。

 この本(単行版)は、2003年に出版された。当時、多くの方が気にも掛けなかった現実が、いま白日のもとにさらされつつある。「現実はどうなっているのか?」。当たり前の質問の大切さに目覚めたからだ。

 その最たるひとつが年金問題である。「年金は本当に大丈夫なのか?」と質問した結果である。

 21世紀の社会では、政府や会社に依存していては家計を守れない。現実を正しくとらえ、家計を守る最適な術を見出すことがとても大切となる。その第一歩は、現実を正しくとらえるための質問を考え出すことから始まる。

 本書では、実際に私たちが直面する問題を例に、質問の考え方を教えてくれる。本書では2003年時点の事例だが、すべてがいま私たちが直面し始めた問題である。

ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2007年]