■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■


〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

ホ ー ム 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

本年の抱負

校外学習

生涯学習

コ ラ ム


おすすめ本









『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ


【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング




2009年02月02日

バビロンの大金持ち


本の詳しい説明へ 【出版社】 ブックアート
【著者名】 ジョージ・S・クレイソン
【出版日】 2008年09月
【価 格】 1,400円(税別)
【対象者】 初心者 (・破・離)



 最も裕福な都市とされるバビロンは、ユーフラテス川流域にあり、全長15キロメートルを超える城壁で守られていた。奴隷にも資産の所有が認められ、奴隷が非奴隷(自由民)と結婚することもできた。

 バビロンの商人の大半は、元は奴隷だった。身内の借金のかたに身売りされた主人公も、お金に関する知恵を身につけ、奴隷から自由民への人生をたどる。

 いまの私たちの生活は、いろいろなところでお金に縛られている。金銭面だけに注目すると、バビロンの奴隷と似ているところもある。

 バビロンの奴隷が教わったお金の知恵は、現代の私たちが経済的自由を得るための知恵でもある。この本の原文は、経済的自立をめざす人のバイブルとして、世界中で多くの人に読み続けられています。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2009年]