■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■


〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

ホ ー ム 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

校外学習

生涯学習

コ ラ ム


おすすめ本









『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ


【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング




2010年12月06日

勉強の仕方


本の詳しい説明へ 【出版社】 祥伝社文庫
【著者名】 米長 邦雄、羽生 善治
【出版日】 1999年6月
【価 格】 543円(税別)
【対象者】 初心者 (・破・離)



「プロとアマの違いはひとつのことを継続できるか否かである」と二人の名人は説く。

 将棋の勉強には、すぐに実る(勝つ)やり方と、ずっと先に実るやり方とがある。目先の勝利にとらわれずに、長期的な視線でいかに勉強し続けるかが、プロには必要である。

 人間は年齢を重ねるごとに頭の質が変わる。体力的にも、集中力の持続性が減少する。これらを踏まえて、年齢により勉強の仕方も変える必要がある。

 本書は、将棋のプロとしての経験から、長期的な自己投資の大切さを教えてくれます。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2010年]