■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■


〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

ホ ー ム 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

校外学習

生涯学習

コ ラ ム


おすすめ本









『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ


【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング




2011年06月06日



日本復興計画


本の詳しい説明へ 【出版社】 文藝春秋
【著者名】 大前 研一
【出版日】 2011年05月
【価 格】 1,143円(税別)
【対象者】 中級者 (守・・離)



 隠蔽体質の東電は、実は能力不足で危機対策はお手上げ。東電を叱る立場の原子力安全・保安院は、東電に押しつけて何もしない。司令塔であるべき政府は、組織の体をなさず混乱を助長する。

 原発事故でいま何が起きているのか?
 そして、これから何が起きるのか?

 かつて原子力システムの開発に従事した著者は、科学技術と政治経済の両面から単刀直入に解説します。

 そして今後の日本の復興に向けて、経済の最小単位である家族の課題を説く。

「政治家に頼ってはいけない。政府に頼ってもいけない。国がなんにもしてくれないことは、すでに明らかだ。自分自信だけが頼みの綱と覚悟を決めろ」と。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2011年]