■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■


〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

ホ ー ム 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

校外学習

生涯学習

コ ラ ム


おすすめ本









『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ


【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング




2012年07月02日

失われた30年
逆転への最後の提言


本の詳しい説明へ 【出版社】 NHK出版新書
【著者名】 金子 勝、神野 直彦
【出版日】 2012年06月
【価 格】 780円(税別)
【対象者】 中級者 (守・・離



 社会が危機にあるから財政危機に陥ってしまうのであって、財政赤字を削っても社会の危機は解決しない。だからこそ、「社会保障と税の一体改革」だった。だが、当面の財政赤字を埋めるための消費税増税が行われようとしている。

 いま日本が病んでいる真の病気は何か? では、なぜ誤った処方(先送り)が続けられるのか? 「大きな政府」か「小さな政府」かの二分法的政策思考では、日本を再生できなかった。

 不良債権化する原発、社会保障と財政の一体改革の危機、グローバリゼーション追随の危機、など時代変化への対応を私たちは怠ってきた。本書では、最後の機会として、いまからすべき対処法を提言する。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2012年]