■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習

私のコラム


私のおすすめ本








『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『おすすめ本』 生活経営編 ■■■




マルクスもケインズも触れなかった
嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー
お金はどう作られ、どうなくなっていくのか


本の詳しい説明へ 【出版社】 ヒカルランド
【著者名】 安部 芳裕天野 統康
【出版日】 2016年12月
【価 格】 1,500円(税別)
【対象者】 上級者 (守・破・




 『マルクスもケインズも触れなかった。
  お金はどう作られ、
  どうなくなっていくのか?』(本タイトルより)

 なぜ、経済学は現実を上手く語れないのか?

 経済学は、お金を前提としている。
 では、お金は、どう作られ、どうなくなっていくのか?

 私たちは、現代のお金(考え方)を検証せずに、
 経済学(現実の解釈)を膨らませている。

 現実の解釈(経済学)は、考え方(お金)で変わる。
 考え方(お金)は、時代で代わる(変わるではない)。
 いま、私たちは時代の節目を生きている。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2017年]