■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演

コラム


おすすめ本






『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営塾』 のご案内へ



■■■ ピカイチ先生の 『おすすめ本』 生活経営編 ■■■




オリンピック経済幻想論
2020年東京五輪で日本が失うもの


本の詳しい説明へ 【出版社】 ブックマン社
【著者名】 アンドリュー・ジンバリスト
【出版日】 2016年03月
【価 格】 1,600円(税別)
【対象者】 中級者 (守・
・離)



 『 本書を読み進めると、オリンピックの開催による経済効果
  はそれほど期待できないことが分かるだろう。開催地は何十
  億ドルもの資金を費やし、巨額の借金を作り、様々な社会混
  乱を引き起こし、他の目的で使った方が生産的かもしれない
  土地を奪っていく。』
              ([日本語版へのまえがき]より)

 物事には、メリットとデメリットの二面性がある。両面を見える化した上で、私たちは判断し、必要な[準備]を整える。

 テレビ局は宣言する「私たちは2020東京オリッピックを応援しています(公平に東京オリピックを伝えていません)」と。

 (残念ながら)テレビからの情報では、デメリットを見える化できなそうだ。(そうだとしたら)テレビ以外からの情報で、不都合な事実を補間する必要がある。デメリットへの準備を、[後の祭り]としないように・・・


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2018年]