■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■



〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習

私のコラム


私のおすすめ本








『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『おすすめ本』 生活経営編 ■■■




理系バカと文系バカ

本の詳しい説明へ 【出版社】 PHP新書
【著者名】 竹内 薫、嵯峨野 功一
【出版日】 2009年03月
【価 格】 720円(税別)
【対象者】 初心者 (
・破・離)



 『 科学の世界の論理や仮説検証は、
   この宇宙そのものに備わっている法則がもとになっている。
   自然が基準なのだ。
   それに対して、法学の世界の論理や仮説検証は、
   人間社会の法律、すなわち「取り決め」に関するものなのだ。
   言葉は同じでも中身が違う。』 (本文より)


 理系頭では、システムは「宇宙の法則に従う」と考える。
 原則は、「(人間に)できないことは、できない」だ。
 宇宙の法則は変わることはない。

 文系頭では、システムは「人間の法律に従う」と考える。
 原則は、「(人間に)できないことは、ありえない」だ。
 法律を変えれば、問題は解決する。

 神様は、ひとつの脳の中に、理系頭と文系頭を詰め込んだ。
 人類は、2つの頭を使い分ける[自由]を与えられた。
 人類は、2つの頭で環境変化に適応し、種を保存する。
 ときに、一方の頭を拡大し、他方の頭を縮小しながら。

 いま、あちらこちらで、システムの崩壊が始まった。
 残念ながら、文系頭の拡大の[過剰]が原因のようだ。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2018年]