■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ



■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



 庭のシラカバとヤマボウシの葉が落ち始めた。落葉を集め、畑に埋める。この季節の日課となりつつある。
 (2005年11月14日)


クリスマス契約書


 息子と娘が共同して、クリスマス・プレゼントをTVゲーム機に決定した。高額商品のため、二人で1台をサンタにお願いするとのこと。

 我家ではTVゲームを避けていたが、時代の流れには勝てない。しかし、TVゲームに夢中になるのは困るので、歯止めが必要である。

 手伝い・勉強・睡眠の時間が減るので親としては困る旨を、交渉役の兄に伝えた。兄は、手伝い・勉強・睡眠の時間は守る旨を約束すると主張する。

 お前はいいが、妹にはどうやって約束を守らせるのか? かなり意地悪な難問を突きつけた。すると、契約書を作ると言い出した。これは面白いと、妥結することにした。

 兄が文面を考え、契約書を持ってきた。初版は、鉛筆書きだったのでボールペンで書き直させた。第2版は、書き損じがあったので書き直させた。第3版は、捺印の一部が紙からはみ出していたので書き直させた。

 国語が好きでない息子が、2時間集中して契約書を書き続けた。次は妹の番である。兄の契約書を見本にし、3回書き直しの末に完成させた。これまた、普段見たことのない集中力であった。

 子供らにはサンタの正体はバレバレである。子供の成長は、親が考えるより早い。子供らに負けじと、親の苦労は耐えない。子供の成長と社会の変化が加速する。親が成長を止めたら、子供にも負ける時代である。

ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2005年]