■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■



〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

私の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本








『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ



【企画・運営】

自立と創造のパートナー

ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング





■■■ 私のコラム ■■■



【 ヤマボウシ 】

ヤマボウシの実が、
熟しました。
小鳥が交互に来ます。
(2015年09月14日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



「予定」と「想定」を使い分ける


 ある社長さんへ伝えた。

 「わが社では、月例セミナーを開催しています」
 「毎月の開催が欠かせないので、準備(段取)が重要です」
 「月例セミナーの準備は、会場の確保から始まります」
 「(いま)来年の4月分の会場確保に着手しています」
 「(既に)来年の3月分まで、場所と日時が決定しています」

 「(一方)セミナーの題目は、1週間前に決定します」
 「時事に合った内容にするため、」
 「開催日の直前まで内容を決定できないからです」

 すると、社長さんが

 「[予定]と[想定]を上手く使い分けているね」

 「会場確保に必要な技能は[予測]だ」
 「いまの延長線で、考えればいいからね」
 「過去の経験を数値化して、確率で未来に備える」
 「(つまり)[上り坂]と[下り坂]への備えだ」

 「(だが)現実には、数値化できない事象も起こる」
 「これらの事象に対応するには、[想定]が必要だ」
 「いろいろな事象を想像して、」
 「万一それが起きたときどうするかを考えておく」
 「(つまり)[まさか]への備えだ」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「人間は、現実の一部しか理解(経験)していない」
 「(だが)人間はときに、」
 「現実の全てを理解している(できる)と傲慢になる」

 「未来への備えが[予測]に偏重し、[想定]を怠る」
 「(結果として)[上り坂][下り坂]への効率を優先し、」
 「[まさか]への機転を退化させる」

 「(だが)忘れたころに[まさか]が起こる」
 「(人間は)[まさか]が起こるまで[予測]を深化させる」
 「[まさか]は必ず起こるが、」
 「いつ起きるかを[予測]できないだけなのにね」

ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2015年]