■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

ネクストライフは、『自分づくり』 『生業づくり』 『地域づくり』 を通して、豊かな人間社会を創造します。

トップページ ピカイチ先生 自分づくり 生業づくり 地域づくり


自分づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 スイセン 】

スイセンが咲きました。
私が一番です。
「お先に失礼」
(2016年03月21日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



原ノ町駅に残った特急「スーパーひたち」撤去


 震災後、原ノ町駅構内に取り残されいた特急「スーパーひたち」が撤去された。

 彼は、3時9分に原ノ町駅を出発し、上野駅へ向かう予定だった。出発前に震災が発生し、発車を取りやめた。常磐線は、津波により仙台方面が、原発事故により東京方面が遮断された。彼は、陸の孤島となった南相馬市で、私たちと共に5年を過ごした。

 19日朝、最後の撤去作業を見守った。通りかかた作業員に、声を掛けさせてもらった。

 「(彼は)解体されるんですよね」

 「ああ(そうだよ)」

 私の様子に気使い、ゆっくりと低い声が返る。ヘルメット姿の作業員は、少し間を置き、話を続けた。

 「(車体は)使い続けていないと、ダメになるからね」
 「家と同じだよ」

 「車内は、あの日のままだったよ」
 「テーブルの上には、ジュースが置かれたまま」
 「車内中、カビだらけさ」

 震災から4週間後、新学期を迎え、娘の勉強道具を取りに、避難先から一時帰宅した。冷蔵庫を開けたときの、カビの臭いを思い出す。震災の体験は、臭覚がしかっりと記憶している。

 人々の集いも同じだ。やり続けていないと、ダメになる。朝市でいただいた、炊き立てのおにぎりを思い出す。震災前の体験は、味覚がしっかりと記憶している。

 突然、彼が話し掛けてきた。

 「自分の手を見ろ!」
 「カビなど生えていないよね」
 「(オレと違い)お前は、[生きもの]だからね」
 「[生きもの]は、時間の流れの中で活きている」
 「(自覚がなくても)お前は、時間と共に変化し続けている」
 「(オレと違い)お前は、[すごい力]を持っている」

 ふと我に返る。彼の最後の見送りをせずに、[いまの生活]に戻ることにした。彼に一礼をし、車に乗り込んだ。

 「ありがとうございました」


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]