■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

ネクストライフは、『自分づくり』 『生業づくり』 『地域づくり』 を通して、豊かな人間社会を創造します。

トップページ ピカイチ先生 自分づくり 生業づくり 地域づくり


自分づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 アベリア 】

今日は雨。
訪問者もなく、
雫が話相手です。
(2016年09月19日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



僕たちは、「正解のない問題」の中で学んだ


 高校時代の話である。

 僕たちは、倫理の授業が嫌いだった。若い○○先生の教え方が、嫌いだった。

 ○○先生は、授業時間中、板書し続けた。端から端まで、ギッシリと書き満たし、「こっちはもう消すぞ」と言いながら、2周目に行く。僕たちは、ひたすら板書を書き写した。

 僕たちは、授業が終わる度に、文句を言い合った。

 「こんな授業、意味がない!」
 「(オレも)同感!」

 次のホームルームの時間のことである。ある女子が発案した。

 「私と△△さんとで、○○先生のところに行き、」
 「『授業のやり方を変えて欲しい』と直訴しました」
 「(だが)取り合ってもらえませんでした」
 「(ついては)クラスの総意で交渉したいです」

 僕たちは、クラスの総意で交渉することを即決した。続いて、交渉する手段について議論した。

 次の倫理の時間、僕たちは授業をボイコットした。交渉役の女子2名を教室に残し、僕たちは1階の食堂で待機した。しばらくして、交渉役が報告に現れた。

 「授業のやり方について、次のホームルームの時間に、」
 「○○先生とクラス全員とで、話し合うことにしました」
 「○○先生の都合もあり、今日の授業は従来どおり実施します」
 「今日のところは、教室へ戻り、授業を受けてください」

 次のホームルームの時間、担任の□□先生が見守る中、話し合いを始めた。担任の□□先生は、教室の後ろで黙って立っていた。

 「私たちは、倫理の勉強を通して、考える幅を広げたい」
 「○○先生の考えも知りたいし、私たちと一緒に考えて欲しい」

 ○○先生は、僕たちの意見を聞き入れ、やり方を変えた。試行錯誤する○○先生の背中を見て、見守る□□先生の背中を見て、僕たちは多くのことを考えさせられた。

 僕たちは、当たり前に、[正解のない問題]を受け取った。
 僕たちは、当たり前に、[正解のない問題]に取り組んだ。
 僕たちは、当たり前に、[正解のない問題]の中で学んだ。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]