■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 サフラン 】

サフランが、
一斉に咲きます。
秋です。
(2016年09月26日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



僕たちは、ささやかなことに「感謝」した


 高校時代の話である。

 ある冬の日、校内で[池落とし]という遊びが流行った。校舎と校庭との間にある池へ、僕たちは仲間を落とした。体育の授業が終わったとき、トレパン姿の仲間を池に落とした。

 [池落とし]は、一気に拡大した。僕たちは、遊びを楽しみながら、「(このままでは)やばい!」と感じた。やめる機会を模索し始めていた。

 昼休みに、校内放送が流れた。

 「生徒会より、連絡します」
 「『池落とし』はやめてください」
 「寒いので、風邪をひきます」

 ダメだ!(意味不明) 僕たちは、顔を見合わせ、黙って首を横に振った。暖かくなるまで待てばいいのか?(違うだろう) 僕たちは[池落とし]を続けた。

 次の日の昼休み、校内放送が流れた。

 「『池落とし』をやめてください」
 「池の中には割れたガラスがあり、思わぬケガをします」

 何言ってんだ!(納得できない) 僕たちは、顔を見合わせ、怒り顔で首を横に振った。上から目線の脅しか?(もっと考えろよ!) 僕たちは[池落とし]を続けた。

 次の日の昼休み、校内放送が流れた。

 「『池落とし』をやめてください」
 「池の中には、金魚がいます」
 「金魚が可哀想です」

 やられた!(お見事) 僕たちは、顔を見合わせ、笑顔で首を縦に振った。僕たちは、生徒会役員の苦労を察した。3日間、苦悩し続けてくれた。「ありがとう」

 僕たちは、[池落とし]をやめた(やめられた)。

 僕たちは、当たり前に、ささやかなことに[感動]した。
 僕たちは、当たり前に、ささやかなことに[感激]した。
 僕たちは、当たり前に、ささやかなことに[感謝]した。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]