■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■



〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 研 究 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 サフラン 】

サフランが満開です。
今日は晴れるかな?
誰が来るのかな?
(2016年10月03日)
原寸大の写真へ 
わが家の四季ヘ



マネー/金融システムの闇の起源


 資産運用を始めた方から、「最初に読む本として良いモノありませんか?」とよく質問を受けます。自分の過去を振り返り、その切実さを実感します。そこで、毎月最初のコラムを『読書広場』とし、おすすめ本を紹介しています。


地球を滅ぼす人類最後の宗教
マネー / 金融システムの闇の起源

本の詳しい説明へ
【出版社】 徳間書店
【著者名】 R・D・ウィリング、為清 勝彦(訳)
【出版日】 2009年05月
【価 格】 1,800円(税別)
【対象者】 上級者





 『マネーの不可避的束縛に、
  なぜ人々は奴隷のように
  かしずくようになってしまったのか?』(本の帯より)

 近代社会は、科学と宗教を分離することから始まった。マネーの正体も、科学と宗教とに分別管理されている。

 私たちは、マネーの科学的な一面だけを教わる。宗教的な一面は、密室の中に覆い隠されている。

 (では)なぜ、宗教的な一面を、誰も語らなかったのか?
 (実は)語ろうとした者が、抹殺されていただけだよ。
 (では)なぜ、この本で語ることができたのか?
 (たぶん)時代の要請でしょう

 いま、私たちは時代の転換点を生きている。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ



 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]