■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生き様づくり 生業づくり 生活づくり


生き様づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ドウダンツツジ 】

ナツツバキに続き、
ドウダンツツジも、
色付きました。
(2016年10月31日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



僕たちは、「手続き」の中で主権者であった


 高校時代の話である。

 私は、古文が嫌いであった。授業は忍耐、試験は苦痛の時間であった。隣席の○○君も、その隣席の□□君も、同じであった。

 期末試験のとき、僕たちは試験勉強で協力し合った。「いかに古文に関わらないか」が狙いだ。試験範囲を分割し、持ち場を決めた。自分の持ち場以外は、教科書も開かなかった。

 試験当日、私の持ち場から出題された。回答記入を終えると、答案用紙を隣席の○○君寄りに置く。○○君、そして□□君へと、私の自信のない情報が伝わる。

 古文の授業で、期末試験の結果が返された。返却された答案用紙には、「○○君と同じ」と大きく朱書き。(なんだこれは?)

 ○○君の答案用紙には、「□□君と同じ」。□□君の答案用紙には、「ピカイチと同じ」。(なんでバレたの?)

 朱書きされた問題は、感想を述べるもの。○○君の感想も、□□君の感想も、私と一字一句違わず同じ。(ダメだ!)

 「なぜ、感想まで同じにしたの?」
 「問題なんか読んでいないよ(感想問題とは知らなかった)」

 ○○君の即答に、□□君も頷いた。二人の古文嫌いは、私の想定以上であった。(お見事!) 試験時間の二人の苦痛を察した。

 僕たちは、職員室に呼ばれ、事情聴取を受けた。情報元の私はすぐに解放され、二人が残された。30分後、解放された二人に尋ねた。二人は、とてもスッキリ顔だ。

 「どうなった?」
 「不正をした問題はゼロ点、その他の問題は採点通りだ」
 「当然の決定だね(納得したね)」

 僕たちは、当たり前に、[手続き]に参加した。
 僕たちは、当たり前に、[手続き]の決定に従った。
 僕たちは、当たり前に、[手続き]の中で主権者であった。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]