■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■



〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 研 究 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ウッドデッキ 】

ウッドデッキ作りを始めました。
除染で撤去したものを、
復活させます。
(2016年11月07日)
原寸大の写真へ 
わが家の四季ヘ



株式会社の終焉


 資産運用を始めた方から、「最初に読む本として良いモノありませんか?」とよく質問を受けます。自分の過去を振り返り、その切実さを実感します。そこで、毎月最初のコラムを『読書広場』とし、おすすめ本を紹介しています。


株式会社の終焉
本の詳しい説明へ
【出版社】 ディスカヴァー・トゥエンティワン
【著者名】 水野 和夫
【出版日】 2016年09月
【価 格】 1,100円(税別)
【対象者】 中級者





 『資本主義が資本の自己増殖ができなくなったとき、
  その主役である株式会社に未来があるのか』
                      (「はじめに」より)

 現在の株式会社が主流となったのは、19世紀半ば以降。
 ここ最近、150年の出来事である。
 人間の歴史にとって、ごく最近の数秒間の出来事だ。

 だが、私たちにとっては、それが唯一の体験だ。
 ついつい、このまま21世紀へ続くと考える。
 
 ちょっと待てよ。
 次の世界の姿を、株式会社を主題に考えてみよう。
 時代の流れの中で、どう生きるかを考えてみよう。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ



 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。
前へ   一覧へ  次へ
[2016年]