■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■
ネクストライフ・コンサルティング

ネクストライフは、『自分づくり』 『生業づくり』 『地域づくり』 を通して、豊かな人間社会を創造します。

トップページ ピカイチ先生 自分づくり 生業づくり 地域づくり


自分づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ユリ 】

ユリが咲きました。
白いラッパで、
呼び込み開始。
(2017年08月21日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



「政府」の借金は、「国民」の借金ではない


 ある個人投資家から教わった。

「貸借対照表から学んだ[経済の原則]は何かな?」

[私にとっての[資産]は、必ず、誰かの[負債]だ」
[私にとっての[負債]は、必ず、誰かの[資産]だ」
「(そして)その[資産]と[負債]の額は、必ず一致する」

「(たとえば)私の抱える[住宅ローン]は、私の[負債]だ」
「(同時に)それは銀行の[資産]だ」
「(そして)私の[負債額]と銀行の[資産額]は一致し、」
「必ず、合計はゼロとなる」

「私が[住宅ローン]を返済すると、」
「私の[負債額]が減り、同時に、銀行の[資産額]も減る」
「(そして)私の[負債額]と銀行の[資産額]は一致し、」
「必ず、合計はゼロとなる」

「[家計][企業][政府](経済の3主体)の間でも同じだ」
「[政府]の[負債]は、」
「必ず、[家計]または[企業]の[資産]だ」
「(だから)海外とのお金のやりとりがない場合、」
「3主体の[資産/負債額]の合計は、ゼロとなる」

「[個人](私たち一人ひとり)の暮らしは、
「[家計][企業][政府]の営みの上にある」
「(だから)[個人]の総和である[国民]の暮らしは、」
「[家計][企業][政府]の営みの総和となる(と考えられる)」

「(そう考えると)」
「[国民]の[資産/負債額]の合計は、常にゼロとなる」
「[家計][企業][政府]の[資産/負債額]の合計だからね」

「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

「『国の借金は○○円、[国民]一人当たり△△円』」
「と、マスコミが合言葉を連呼する」
「本当かな?」

「『[政府]の借金は○○円』は[事実]を語っている」
「(一方)『[国民]一人当たり△△円』は[意見]だ」
「[意見]には、必ず『誰の意見か?』とツッコミを入れろ」

「(私の意見は)『[国民]一人当たりの借金はゼロ』だ」
「[国民]の負債は、ゼロだからね」

「[政府]の借金は、[家計]の借金ではない」
「(また)[企業]の借金でもない」
「(だから)[政府]の借金は、[政府]が解決する問題だ」

「(だが)次元をひとつ上げて、」
「[国民]の立場で考えると、どうなるかな?」

「[国民]の一員として、」
「[家計][企業]は、[政府]の問題を解決する[義務]がある」
「[家計][企業]の[資産額]を減らさないと、」
「[政府]の[負債額]は減らせないからね」


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2017年]