■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 スイセン 】

スイセンの身長、
只今5センチ。
仲間も増えました。
(2018年01月08日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



「お金」を因数分解すると、どうなるかな?


 ある個人投資家から教わった。

 「[近代国家]を因数分解すると、どうなるかな?」

 「[法治国家]と[民主国家]とになる」
 「(たとえば)近代国家のひとつである[日本国]は、」
 「[法治国家]と[民主国家]との掛け算だ」

 「[法治国家]では、[法による支配]が行われる」
 「国民は、[法]に従う義務を負う」
 「国民は、[法]により自由を制限される」
 「(一方)[法]の下で折り合いながら、仲間で友愛を育む」

 「(ここで問題が発生する)誰が[法]をつくるのかだ?」
 「[法の支配]を誰が行うかだ?」

 「[君主国家]では、国王(独裁者)がつくる」
 「[民主国家]では、国民がつくる」
 「(民主国家では)国家の主権者は、国民だからね」

 「[民主国家]では、国民による[法の支配]が行われる」
 「(つまり)国民は[法]をつくる義務を負っている」

 「国民は、『政治の民主化』で、」
 「思想の自由と、法の下の平等を、権利として手に入れた」
 「(一方で)[法]をつくる(保守管理する)義務を負った」

 「[近代国家]のひとつである日本国では、」
 「[法治国家]として、国民の[法による支配]が行われている」
 「かつ(掛け算で)」
 「[民主国家]として、国民による[法の支配]が行われている」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「いま、(私たちは)」
 「『お金の民主化』という時代の変わり目を、生きている」

 「(資本主義の下で)生活者の[お金による支配]が行われてきた」
 「(だが)ブロックチェーンが[タテ社会の壁]を壊し始めた」
 「壁から解放された生活者が、自らの手で[お金]を作り始めた」
 「生活者による[お金の支配]が始まった」

 「[お金]とは、何か?」
 「新しい時代の[お金]には、何が必要か?」
 「[お金]を因数分解すると、どうなるかな?」

 「新しい時代の生活者は、」
 「[お金]について、自分で考える義務を負う」
 「地域の主権者は、生活者だからね」


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2018年]