■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 庭づくり 】

芝生と花壇を、
レンガで仕切りました。
飛び石は切株調です。
(2018年01月15日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



「変化」とは、「時間」の中で気づくコト


 ある社長さんから教わった。

 「工場では、『安全第一』と『品質第一』とがある」
 「(さて)どっちが本当の第一かな?」

 「工場が活き続けるには、安全も品質も不可欠だ」
 「(だが)人間には、とても悪い癖があり、」
 「一時には、一つのことにしか集中できない」
 「(残念ながら)私たちは、」
 「二つ以上のことに、集中し続けることはできない」

 「頭では、『安全にも品質にも注意しろ』と言うのは簡単だ」
 「(だが)これを続けると、」
 「現実と対峙する現場では、『ムリ』が積もり、大事故に繋がる」
 「(つまり)大事故の発生が、」
 「『起こるのか起こらないのか分からない』[確率の問題]から、」
 「『起こるのは確実だが時期が分からない』[時間の問題]になる」

 「(現場では)対策として、」
 「ときに、安全週間を実施し、『安全』に集中する」
 「ときに、品質月間を実施し、『品質』に集中する」

 「安全週間では、安全に集中して安全対策を進化させる」
 「品質月間では、品質に集中して品質対策を進化させる」
 「年間を通して、安全も品質も進化すれば良しとする」

 「現場の役割を、[安全]と[品質]とに因数分解して、」
 「それぞれの進化を、時間分散して実現する」
 「(こうして)現場は、[時間]と折り合いをつける」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「現実と対峙する現場は、常に[いま]を活きている」
 「(つまり)[時間]の中で活きている」
 「(ところが)頭は、過去と未来を見て、[いま]がない」
 「(つまり)[時期]はあるが、[時間]がない」

 「[変化]とは、[時間]の中で気づくコト」
 「[いま]という[時間]の中で、五官で感じるコト」
 「(だから)現場には、常に[いま]を体感する工夫がある」
 「毎朝の掃除は、その代表例だよ」

 「掃除の目的は、[変化]に気づくこと」
 「[変化]を現場の異常と判断したときには、現場を修繕する」
 「[変化]を環境の変化と判断したときには、現場を改善する」

 「(ところで)いま、お前は何を体感しているのかな?」



ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2018年]