■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 カラー 】

カラーが、
咲きました。
「蟻さん、こんにちは」
(2018年05月07日)
 原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



リベラルという病


 資産運用を始めた方から、「最初に読む本として良いモノありませんか?」とよく質問を受けます。自分の過去を振り返り、その切実さを実感します。そこで、毎月最初のコラムを『読書広場』とし、おすすめ本を紹介しています。


リベラルという病
本の詳しい説明へ
【出版社】 新潮新書
【著者名】 山口 真由
【出版日】 2017年08月
【価 格】 760円(税別)
【対象者】 中級者





 『こう考えると、
  リベラルとコンサバを貫くものが見えてくる。
  リベラルの根底にあるのは、人間の理性に対する信頼、
  逆に、コンサバのほうは徹底的な不信だ。

  リベラルは、
  人間の理性がすべての困難を乗り越えると信じている。

  コンサバには、自分への懐疑が常にあった。
  人知を超える大きな力の前では、人間の理性など空しい
  というのが、彼らの考えだろう。』 (本文より)


 私たち人間には、[理性]と[感性]がある。

 ときに、[理性]が「正しい/正しくない」と主張する。
 [理想]と対峙する会議室で・・・

 ときに、[感性]が「できる/できない」と主張する。
 [自然]と対峙する現場で・・・

 ときに、[理性]が「正しさ」の限界(一線)を超える。
 すると、[感性]が「できないものはできない」と叫ぶ。
 そのとき、新しい時代が・・・ 


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ



 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2018年]