■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 家庭菜園 】

きゅうり・トマト用に、
支柱を作りました。
梅雨入りかな?
(2018年06月11日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



いまは、「新しい世代」から学ぶ時代だ


 あるシステム屋から教わった。

 「先日、久しぶりに病院へ行った」
 「診察は、パソコン画面を確認しながら行われた」

 「診察が終わると、医者に言われた」
 「『これから電子カルテに入力します』」
 「『〇〇科受付で、お待ちください』と」

 「10分ほど待ち、受付担当者から個人票を受け取る」
 「『これを精算窓口へ提出してください』」

 「精算窓口で、個人票を手渡す」
 「バーコードを読み込むと、即、料金明細書が印刷された」

 「(気づくと)精算所に居るのは、窓口担当者の一人だけ」
 「医療費を計算するスタッフは、姿を消していた」

 「電子カルテの導入で、病院内の仕組みが変わった」
 「勘定[量]系の業務は、システムで自動化された」
 「いま、この変化の波は、」
 「社会のさまざまな勘定系の業務に押し寄せている」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「電子カルテの共有システムは、だいぶ以前に登場した」
 「(だが)急速に普及し始めたのは、ここ最近だ」
 「なぜかな?」

 「電子カルテの共有システムでは、」
 「診察・治療・処方の指示・実績といった生データを、」
 「医者が創造して、医者自身が入力する」

 「電子カルテの共有システムが普及するには、」
 「医者に、意識・技能といった[質]の変革が求められる」
 「医者には、電子カルテと対話する能力が求められる」
 「患者との対話と同じく、[自然に]対話する能力だ」

 「いま、現場で、バリバリに活躍する医者は、」
 「パソコンやインターネットの誕生を体験した世代だ」
 「[所有]から[共有]への変化を、」
 「[量]から[質]への変化を、」
 「体験を通して、[自然に]身に着けた世代だ」

 「(ときに)社会が、大きく変わる[時代]がある」
 「いつも、改革の主役は、[新しい世代]だ」
 「いまは、[新しい世代]から学ぶ時代だ」
 「[時代]に置いてけぼりを喰わぬようにね」



ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2018年]