■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 サフラン 】

サフランが、
満開です。
仲間が増えました。
(2018年09月24日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



システムの機能は、平時と有事とで異なる


 あるシステム屋から教わった。

 「(システムの)機能説明書には、」
 「[外部機能書]と[内部機能書]とがある」

 「[外部機能書]の読者は、営業やお客様だ」
 「(だから)[何ができるか]を記述する」
 「『こんなことができるようになります』とね」

 「(一方)[内部機能書]の読者は、システム開発の仲間だ」
 「(だから)[何ができないか]を記述する」
 「システムの実現には、[限界]があるからね」

 「(ところで)システムの機能を、より正しく伝えるには、」
 「[できること]より、[できないこと]の方が多くなる」

 「(たとえば)『キーボードがつながります』と記述すると、」
 「利用者は、自分の都合に合わせて、勝手に、[解釈]する」
 「『無線でもつながる』」
 「『10メートル離れていてもつながる』」
 「『電源がなくてもつながる』・・・とね」

 「(だから)[内部機能書]では、」
 「『キーボードはケーブルで接続します』」
 「『ケーブルの長さは、最大1メートルです』」
 「『別途電源が要ります』・・・と記述する」

 「(また)[内部機能書]では、」
 「起こりうる[有事]を想定して、それへの対応を記述する」
 「『キーボード入力の途中で、キーボードが故障した場合、』」
 「『途中までの入力は、〇〇となる』」
 「『入力の再開は、〇〇、△△、□□の順に行う』・・・とね」

 「システムの処理を、より確実に実現するには、」
 「[平時]の[正常処理]より、」
 「[有事]の[例外処理]の方が多くなる」
 「オレの経験則では、[1:2]だ」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「システムの機能は、[平時]と[有事]とで異なる」
 「システムを維持するには、両方の機能が要る」

 「(だが)往々にして、[有事]の機能が蔑ろにされる」
 「(なぜなら)[外部機能書]の読者は拡大するが、」
 「[内部機能書]の読者は限られているからね」
 「[平時]が続くと、」
 「[多数決]で、[できることが]一方的に拡大する」

 「これを防ぐには、どうしたらいいか?」
 「システム開発者として、オレは考え続けている」


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2018年]