■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ガーデニング 】

物置小屋へのアプローチ
が完成。
帰還して7年、
庭の復旧を完了。
(2018年09月17日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



電力システムが、ブラックアウトした!


 南相馬市の住民であることを伝えると、「可哀そう」と見られ、「頑張って」と声をかけられる。原発事故は[他人事]。そんな態度に、「悔しい」と叫びたくなる。[当事者]として、原発事故の現実を伝えられない自分に、「悔しい」と叫びたくなる。

 9月の読書会のテーマを、「原発難民」「報道災害 原発編」とした。折しも、北海道で大地震が起き、電力システムがブラックアウトした。読書仲間の関心も高まり、メール交換した。

 『 先日の北海道全道ブラックアウトを見て・・・
   ・・・改めて頭にインプットしておきます。』

 『 ご連絡、ありがとうございます。
   皆さんに、原発事故の現実をお伝えしたく、事故関連の
   書籍をいろいろ読みました。現場に居た人間として、現
   場の現実を伝えたく、適当な書籍を探していました。

   残念ながら、多くの書籍が、「勝手な意見」や「人からの
   伝言」でした。やっと、これだと言う本に出合いました。

   なお、原発事故関連の書籍は、3部構成となっています。
   私が伝えたいコトは、以下のとおりです。

    ●『原発難民』(烏賀陽 弘道)
      [平時]と[有事]について
      (有事に、現場で何が起きたか?)

   ●『報道災害【原発編】』(上杉 隆、烏賀陽 弘道)
     [会議室]と[現場]について
     (有事に、会議室は何をしていたか?)

   ●『原発大崩壊!』(武田 邦彦) ←次回送付予定
     [閉じた組織]と[多数決]について
     (なぜ、有事に会議は踊るのか?)

   なお、北海道の震災を機に、月例セミナーの内容を、急
   遽変更することにしました。わが家の体験を元に、「震災
   への備え」について、伝えておきたいことが、いろいろ
   あります。 』


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2018年]